<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
不妊症



はい、では、今日は、
中国伝統医学からみた不妊症のタイプです。

っていうかその前に、
現在、一般的にいわれている精子と卵子の受精のタイミングについて。

精子と卵子にも寿命があり、その寿命内であれば受精可能とういうわけではなく、
“受精可能期間”っていう期間があり、その期間内の受精が必要だそーですよ。

射精後の精子の寿命は、平均2~3日。
しかし、射精直後の精子には受精能力がなく、
およそ射精後5~6時間後から受精可能運動が出来るようになります。
受精可能期間は1日半(36時間)と言われています。
つぎに、
卵巣から排卵した卵子の寿命は24時間程度といわれています。
卵子が受精可能の期間は昔は約1日と言われていました。
しかし現在は、卵子の受精可能な時間は排卵後のたった6~8時間と言われています。

だそうですよ。

“卵子の受精可能期間が排卵後6~8時間で、精子は射精後5~6時間は受精能力がない”
って、かなーりなタイミングの計算が必要ですね。
生理周期を調えて、排卵の時期を毎月一定にできてないと余計に難しくなりますね。

じゃ、本題。
中国伝統医学からみた不妊症の体質6タイプです。
この本からですー
c0183104_949133.jpg


不妊をいろいろな身体の兆候により6つに分類します。
1(腎虚);下腹部に冷感を感じる。性欲減退。経血の量が少ない、色が淡 い。出血期間が長い。
2(気血不足);顔色が黄色っぽく身体は痩せていて弱弱しい。身体に力が ない。めまい。経血の量が少なく色が淡い。生理が遅れる。
3(陰虚血熱);めまいと耳鳴り、口や喉が渇き顔や頬が赤い。生理が早ま り経血の量が多く色が鮮紅。或は生理が遅れ経血の量が少なく色が暗 い。午後に身体が火照る。寝汗をか く。
4(肝鬱気滞);経血の量が多かったり少なかったり一定でなく色は紫で塊 が混じり生理痛があり生理前に胸が張って痛みイライラしてすぐ怒る。生 理の周期や期間が定まらない。
5(痰湿鬱阻);肥満で生理不順があり白色のおりものが大量にでる。
6(血お湿熱);生理前に下腹部が強く痛み生理期間が定まらないか少量 の出血が長く続き骨盤のあたりが痛む。黄色で匂いの強いおりものがあ る。

です。

逆に言うと、1~6のどれともあてはまらないのが理想です。
生理周期が28日~30日で、経血の継続期間は3日~7日で、経血の量は多すぎず少なすぎず、色は暗赤色で、質は薄すぎず濃すぎず、血の塊も混じらず、が良い状態であると上の本に書いてありました。

1~6の体質を改善させていくのが鍼灸だったり漢方だったり薬膳の治療です。
生理の周期と継続期間、経血の質や量を整え、生理痛や生理前緊張症などの改善をはかります。
その結果、不妊だけでなく、子宮外妊娠や流産などをしにくい身体にもなっているはずですよ。
つわりも軽くなると思います。

もちろん男性側にも原因がある時は男性の不妊治療をしないといけないですね。


カサマ


-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2014-10-31 12:16 | Trackback | Comments(0)
つわり



今日は、この本から“つわり”について引用しながら説明しますね。
c0183104_11425484.jpg



じゃー早速いきまーす。


妊娠の初期にみられる悪心嘔吐。軽度な場合は、妊娠2~3か月後に自然に消える。
重度の場合は、嘔吐の回数も多く、食べてないのに吐いたり、妊娠後期まで症状が持続する。
最悪の場合は胎児及び妊婦に危険が及ぶことがある。

っとなっております。

はいっ!!
ここから、今日のポイントですよー

中国伝統医学では“つわり”を嘔吐物の形状、勢い、その他の症状により、大きく5つに分けます。

なぜか?

それは、それぞれに対して違った治療が必要だからです。
例えば、ブシュカでの治療だったら、使用するツボ、針、灸等の使い分けが必要です。
漢方薬ではそれぞれに対応した薬があります。薬膳とか食べ物もそうです。

わかり易くザックリと5つのタイプをA~Eに分けて特徴を説明します。

A(胃虚);嘔吐物は未消化物。食べるとすぐ吐く。
B(胃寒);嘔吐物が水の様だったり食べ物の形は残っていない。冷たいものを摂取したり、冷えると悪化する。
C(胃熱);嘔吐の勢いが比較的強い。顔色が赤い。喉が渇いて冷たいものが飲みたい等がある。
D(痰滞);嘔吐物が粘液様。普段から痰がからみ、痰が多く出る。
E(肝熱);嘔吐物が酸味や苦味のある水。イライラしやすい。口の中に苦味もしくは酸味を感じる。食べるとすぐ吐く。


何となく自分はどのタイプなのかわかりましたか?


A~Eそれぞれの治療法が針灸、漢方、薬膳にそれぞれあります。
けど、
症状が“食べられない”なので、薬膳の治療よりは漢方、漢方よりは針灸の治療ってみたいな、効き目だったり、治療の受け入れ易さだったりの順番があるかもしれませんね。
なので、
今日は、それぞれに良い食べ物の紹介はカットしますね。
自分が食べれそうだなーとか食べたいなーって思うものを食べるのが、まづは大切です。
嫌いなものは食べれないですものね。




カサマ

P.S 妊娠前から、つわりの有無、つわりのタイプとか予想できるかも。
    っていうか、予想できるし。
    そんで、不妊とか婦人科の治療につながってくることなので、
    次回は、そのあたりのお話しますね。
   

-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2014-10-24 12:04 | Trackback | Comments(0)
莲藕鸟豆章鱼湯


こんにちは。
今日は、久々にこの本からでーす。
c0183104_10414858.jpg

莲藕鸟豆章鱼湯って名前です。
スープなのですが、何が入ってるかわかりますかー?
効能は脱毛の予防と治療。その他に精神疲労や体力低下、めまい、耳鳴り、動悸、不眠、若年性白髪、月経不調にもよいそうです。。
じゃー早速、材料と作り方です。

材料;レンコン500g
   黒豆 150g
   豚足 150g
   ナツメ 15個
   生姜 2かけ
   干しタコ(大)一匹
   塩 少々

作り方;黒豆に表面に裂け目がでるまで炒り、その後、洗い水を切る。
    その他の材料も洗って水を切る。
    レンコン、タコ、豚足を適当な大きさに切りわける。
    ナツメは種を取る。
    生姜は2つに切る。
    鍋でお湯を沸かし、材料を入れ中火で3時間。
    塩で味を調え完成。 


だそうです。

なんか、やっぱり、ヨーダのスープとか、ジャイアンシチューを連想させるレシピですな。
ちなみに、ジャイアンシチューのレシピは
c0183104_10592130.jpg

です。


作ってみてくださいね。 


カサマ
-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2014-10-17 11:06 | Trackback | Comments(0)
なんとなーくだけど気持ちはわかるような気がするよ



朝晩めっきり寒くなりました。
冬が近づいてきてますな。

冬って基本寒いですよね。
着る物も夏服から冬服に衣替えするように、食べ物の衣替えしましょーね。
なので、寒さに対抗する為に大量の熱を産生することができる食べ物を摂取することが大切。
そして、
身体もそういうものを無意識に欲して自然に食べたくなります。
逆に、身体を冷やすような食べ物は食べたくなくなります。
この身体の反応が、
冬の寒さに対する、身体の無意識の正しい反応っていうやつのひとつなのです。

でも、
正しく反応できてない人が結構多いのでないでしょうか?

例えば、
ニラ、栗、クルミ、羊、エビ、葱、ニンニク等は大量の熱を産生することができる食べ物です。
こういうの積極的に冷え性の人は食べてください。
そして、
キュウリ、苦瓜、トマト、ナス等の夏野菜や南国の果物は身体を冷やす食べ物ですので冷え性の人は食べない方がいいものです。

こういう事を特別な勉強なんてしてないけど、身体の無意識の声が言ってくれてて、かつ何となく聞こえてるっていうのが本来の正しい身体なのだと思います。

別に特別な能力なんかじゃないです。
最初から誰にでも備わってるものです。


こういう感覚がおかしくなってしまっている人がすごく多いと感じます。
なーんか、逆な方に逆な方に行っちゃってんなーみたいな。

冷え性なのに冬でも夏野菜や南国の果物が食べたくて食べたくて美味しくてモリモリ食べてます。とか
真冬に半袖短パンでいるみたいなことですよね。
よくないですね。

ブシュカはそんな正しい声を聴ける身体にすることを最終的な目標とした治療をしています。


あなたの無意識の声、もしくは、あなたの中のもう一人の自分は何と言ってますか?



例えば、
こんな感じ、


チョーきもカワイイっしょーー!
「はめがあるのは外す為さ」って言ってますの。



それじゃーまたー


カサマ
-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2014-10-10 11:38 | Trackback | Comments(0)