<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ダイエットの鍼 
お久しぶりです。

ノグです。


またまたブシュカ流・減肥をはじめてみましたw

自分で自分にパイオネックス(小さな置き鍼です)をして半月。
3キロ減りましたw

イエ~!(^^)/

元がかなりあるので、見た目はそんなに変わりませんが(笑)


特に運動しているわけでもなく、3キロなので。
まぁ、かなりいい感じかな、と。


食欲は明らかに減ってます。

これは、毎度のことながら驚きますね~。

初回時と違って、食べても気持ち悪くはならずに、食事量だけ減るのがいいですね。


さて、今は鍼のお休み時期にあたっているのですが。

食欲はとりあえず落ち着いているので。

また、食欲が復活してきたら、鍼をして、ってサイクルでいきたい
と思います。

目標は5キロ減ですが。

どうなりますか015.gif


いつもの如く挫折で終わらないように頑張ります!(笑)



ノグ







-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-29 20:12 | Trackback | Comments(0)
肩コリに良いお酒
今日は―ボキの大嫌いな蛇を使った、肩コリに良いお酒です。

この本です
c0183104_2081091.jpg


“三蛇酒”

材料;ナミ蛇1500g クサリ蛇200g マムシ100g 生地黄500g 焼酎10kg

作り方;三種類の蛇を殺して頭をとり、キレイに洗い、短く切る。地黄も洗     って適当に切る。
     氷砂糖を鍋に入れ適当に加水し火にかけ溶かし、黄色くなるまで     待ち、熱いうちにガーゼ2枚で残渣をこしておく。
     焼酎を酒壺にいれ、蛇、地黄も入れたら、蓋をして密閉する。
     毎日一回撹拌し、10日~15日後に蓋をあけろ過する。
     上記の砂糖水を入れ、充分撹拌して密閉して、15日後完成。


ムリムリムリムリーーーーーー
ぜったい飲まねーーーー、飲めね――――

つーか、中国語の蛇の名前を日本語にするのに調べるの、きっつかった――――
だって
調べるたんびに、いちいち、絵とか画像が添付してあんの
チョー、ドキドキしたわー

まず、肩コリぐらいで、こんなもん、飲んでられません!




カサマ

-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-26 20:41 | Trackback | Comments(0)
漢方での牡蠣と薬膳レシピ
松島産の牡蠣が出始めましたね。おいしいです。
っつうことで、今日は、漢方からみた牡蠣の効能ついてです。

はい、では、まず漢方の世界では、牡蠣の身は使いません。殻を使います。身も殻も効能は一緒ですが、効きの強さが断然“殻”の方が強いためです。しかも、一般的に“左殻”を使います。

貝殻の左右ってなんか不思議ですが、牡蠣でいえば、殻の窪みが浅い方が左殻です。

で、その効能は、
・驚きやすい、びくびくする、焦燥感、不眠、多夢、動悸などの精神を鎮める作用
・熱病等で起こる四肢のひきつり、ふるえ
・のぼせ等で起きる眩暈、頭痛、耳鳴り、四肢の痺れ
・多汗、寝汗
・遺精、滑精、不正性器出血、月経過多
・頚部リンパ節腫
・胃痛呑酸(貝殻を焼いた場合)

です。

はい、じゃー次は、牡蠣の身を使った薬膳レシピです。

いつものこの本から
c0183104_10433967.jpg




“牡蠣と雪菜のスープ”
作り方;牡蠣の身30g 雪菜10gでスープを作って下さい。

すいません、
この本は作り方が相変わらず大雑把にしか書かれていません。工夫して作って下さい。

でも、牡蠣と雪菜って、味の相性がよさそうなきがしません?ぜったい美味しい感じしません?

効能は、牡蠣の殻とほぼ一緒です。それと二日酔いの眩暈にもよいそーです。


カサマ

-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-20 10:49 | Trackback | Comments(1)
冬の風邪の薬膳レシピ
今日は、風邪ひいたときの薬膳レシピをいくつか紹介します。

その前に、漢方的な風邪の概念をもう一度おさらいします。
じゃー、まず、ここ ↓ クリック
         風邪について


はい、ということで、
風邪には、風寒と風熱の2種類があって、冬の風邪は圧倒的に風寒です。逆に風熱は夏に多いですな。
今日は風寒の風邪の薬膳レシピです。
c0183104_10531751.jpg


“葱豉飲”
作り方;ネギ 30g 淡豆豉(減塩のトウチ)10g 生姜3カケ を500ミリリットルの水で煎じたら、紹興酒30mlを加えもう一度煎じて完成。

“葱粥”
作り方;米と沢山の葱を煮る。頭痛があれば、日本酒も一緒に入れて煮る。

“生姜湯”
作り方;生姜6g ネギ3センチ ナツメ4個を煎じる。または、生姜30g 黒砂糖適量を煎じる。

“香菜粥”
作り方;香菜30g 麦芽粉15g 重湯半カップ 砂糖を加えて煮る。


ためしてみてくださーい。


ブシュカでは鍼とお灸で風邪の治療してます。
効きますよー

カサマ

-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-15 12:58 | Trackback | Comments(0)
ブシュカ ♪ 死亡遊戯
メリークリスマスってくらい寒いよね。
c0183104_15114966.jpg


さて秋田といえば、きりたんぽ、 ナマハゲ、 比内鶏
というわけで、秋田土産を貰った。   


でん、
「比内鶏」というお菓子
c0183104_15144618.jpg
三個入り・・


ん・・・
c0183104_15184678.jpg



一個取り出してみた。
c0183104_15204566.jpg



ん・・・・なんか見た事ある・・
c0183104_15221760.jpg
・・・・


・・この形・・・
c0183104_15234876.jpg
えっ・・

まさか・・・・
c0183104_1524316.jpg

・・・・・・




いやいや・・
c0183104_15263459.jpg
比内鶏ですから!
c0183104_15275892.jpg

で、オープンっ!



・・・!





・・・・・・・・!!








・・・・・・・・・・・・・・!!!













ひOこっ!!!
c0183104_15352294.jpg
いや、世の中では偶然って事はよくあるよね。
c0183104_15382956.jpg
ドラえもん とうまい棒のキャラとか
c0183104_15392148.jpg
たまたまだよね。


もしくは
c0183104_15474324.jpg
オマージュとか

インスパイアとか

リスペクトとか




・・・・・・・・



確か、大阪の土産菓子に「面白い恋人」ってあったし
どーせなら
c0183104_15521349.jpg
比内鶏のひな
って名前にすればよかったのにな。


                               おしまい☆




-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-13 15:59 | Trackback | Comments(0)
冷え症の人、必見
本気で寒いです。

なので、今日は“身体を温める食べ物を使った料理”でーす。
以前も紹介した、ニラ、クルミ、栗、羊、エビを組み合わせた料理です。

じゃーこの本からー
c0183104_10351637.jpg

注)この本、食べ物の効能は詳しく書いてあるんですが、作り方が大雑把にしか書いてません。ごめんなさい。工夫して作って下さい。


“ニラとクルミ炒め”
作り方;ニラとクルミを炒めます。

“クルミ酒”
作り方;クルミを細かく砕き、熱した紹興酒を注ぎ、黒砂糖を入れて完成。

“栗”
作り方;煮て毎日空腹時に食べる。

“羊肉沢山のスープ”
作り方;沢山の羊肉を薄切りにし煮て、味を調え完成。

“エビとニラ炒め”
作り方;エビとニラを炒めて完成。

“活エビの紹興酒”
作り方;生きたままのエビを紹興酒に浸し酔死したらそのまま食べる。もしくは塩と油を加え炒める。



どーですか?簡単でしょ?
ボキー、作ったことないけど、おいしそうですよね?
冷え症の人!!ぜひどーぞ!!


そーそー、次に上げる症状がある人は食べないでくださいねー
・寝汗
・手足の火照り
・風邪で高熱がある
・黄色い痰が多量にでる
・目の疾患


質問あればどーぞー


カサマ

-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-13 10:48 | Trackback | Comments(0)
果物
ども
今日もこの本です。
c0183104_1182493.jpg


四季の気候が変われば、人も自然の規律に逆らわず順応するのが必須です。春夏は陽の気が旺盛で、万物は活力に満ち溢れているので、身体を温める食べ物や熱を入れる食べ物等はなるべく少なくとか。
当たり前に秋は乾燥、冬は厳しい寒さが特徴です。

そんで、今は秋冬です。
ちょうど秋と冬の中間って感じです。

なので、身体を潤す食べ物と、身体を温める食べ物が必要です。

身体を潤す食べ物で思いつくのが果物です。でも、果物には身体を冷やすものが多いです。

はい、なので今日は、“身体を冷やさずに身体を潤す果物”です。

ライチ
ザクロ
サクランボ

葡萄

です。

冬にお部屋の中で、ぬくぬくしながら食べるもので思いつくのが、

みかん
リンゴ


などありますが、結構身体を冷やすので、寒い時は食べない方が良いですよ―。部屋が暖かくて身体も暖かくて、なんかノド乾いたな―っみたいなとき食べて下さい。食べすぎ注意です。


カサマ

-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-12 11:15 | Trackback | Comments(0)
黒砂糖
今日は黒砂糖のつづきです。

では、この本から
c0183104_11481648.jpg

黒砂糖には血の流れを良くする作用と血を補う作用があります。

なので、

出産後の女性や貧血がある女性にとても良い食べ物とされています。

食べ方としては、普通にお茶、熱い紹興酒にいれて飲む。また、生理不順等があれば、玉子2個と煎じて食べるそうです。

また、火傷、おでき等に黒砂糖を磨り潰し油と混ぜ患部に塗るのも良いそうです。




黒砂糖を塗るって、初めて知りました―




カサマ
-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------

by bushuca | 2013-11-08 13:17 | Trackback | Comments(0)
風邪と砂糖の使い分け
本当にめっきり寒くなりました。
風邪ひきさんが、一段と多くなりました。
ので、今日も風邪の初期によいお茶です。
風邪をしっかりひいてしまったら別のものをためして下さーい。
この本から
c0183104_11481648.jpg

シソの葉茶

材料;シソの葉16g 黒砂糖;適量

作り方;シソの葉を天日で干し粗い粉末にする。沸騰したお湯で淹れて黒砂糖を適量加え完成。

用法用量;お茶の代わりに頻繁に飲んでください。

効能;風邪の初期に良いです。



だそうです。



はいっ!!
ここで、補足します。
薬膳や漢方での砂糖の使い分けです。

効能により、「白砂糖」「黒砂糖」「水あめ」の3つに分類されます。同じかと思ってましたが、効能に違いがあるんですね。
ざっくりと違いを説明すると、

白砂糖は、弱った胃腸を強くしたり肺を潤すのに使われます。胃がしくしく痛む、乾いた強くないセキなど。

黒砂糖は、血を補い流れの悪い血を流すのに使われます。産後の悪露が止まらない、生理痛など。

水あめは、白砂糖の効き目を強くした感じです。


んー、初めて知った―!
勉強になりました。

味以外で、使い分けできたらステキなお料理になりますね。

次回は黒砂糖の効能と使い方について、もう少し詳しく書いてみます。


カサマ

-----------------------------------------------
佛手花整骨鍼灸院
仙台市青葉区大町2丁目3-22 第5菊水ビル7F
電話:(022)215-0396
ブシュカホームページはこちら
腰痛等の身体の痛みだけでなく体質改善や自律神経系の病気の他、美容、ダイエット等の鍼灸治療もやってます。
---------------------------------------------------
by bushuca | 2013-11-06 11:54 | Trackback | Comments(0)